【予約購入で1,000円オフ】 CBD日焼け止めが新登場

What is CBD?

What is CBD?

CBDとは

ヘンプには、カンナビノイドと呼ばれる100種類以上もの栄養成分が含まれています。近年、この主要成分のひとつであるCBD(カンナビジオール)が、生命科学、医学の観点から人体にとって有用な成分であることが解明され、世界中でさらなる研究が進められています。

CBDは、身体を健康な状態に保つ生体システム(ECS)に作用することから、さまざまな疾患を回復させることが期待されており、また希少性の高いカンナビノイド成分であるCBN(カンナビノール)には、特に痛みの緩和や炎症の抑制、睡眠補助といった作用のあることがわかってきました。

What is ECS?

エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは?

CBDは私たちの身体にどのように作用するのでしょうか。この作用メカニズムには、人間も含めた哺乳類にもともと備わっている生体システム、「エンドカンナビノイドシステム」(ECS)が関わっています。
ECSとは、私たちを取り巻くさまざまな外的環境変化に対応するため、細胞と細胞との間で常に行われているバランスを保つ調整機能のこと。具体的には、食欲、痛み、免疫調整、感情抑制、神経保護、運動機能、発達と老化、認知と記憶などを調整する、いわば健康な状態を維持するために必要不可欠な機能です。

身体が健康な状態においては、このシステムを正常に機能させるための物質であるエンドカンナビノイドが体内で分泌(=内因性カンナビノイド)されていますが、過度なストレスや感染症、加齢などによって心身に負荷がかかるとエンドカンナビノイドの欠乏状態となり、ECSが適正に機能しなくなります。これによって自律神経失調症をはじめとするさまざまな不定愁訴や疾患が引き起こされることがわかってきました。
CBDは、このエンドカンナビノイドと類似した作用と構造を持つ物質であり、外因性カンナビノイドと言い換えることのできる成分です。CBDを体内に摂り込むことで内因性カンナビノイドとの相互作用が起こり、ECSを正常な状態へと導いていきます。

image

What is ECS?

エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは?

CBDは私たちの身体にどのように作用するのでしょうか。この作用メカニズムには、人間も含めた哺乳類にもともと備わっている生体システム、「エンドカンナビノイドシステム」(ECS)が関わっています。
ECSとは、私たちを取り巻くさまざまな外的環境変化に対応するため、細胞と細胞との間で常に行われているバランスを保つ調整機能のこと。具体的には、食欲、痛み、免疫調整、感情抑制、神経保護、運動機能、発達と老化、認知と記憶などを調整する、いわば健康な状態を維持するために必要不可欠な機能です。

image

身体が健康な状態においては、このシステムを正常に機能させるための物質であるエンドカンナビノイドが体内で分泌(=内因性カンナビノイド)されていますが、過度なストレスや感染症、加齢などによって心身に負荷がかかるとエンドカンナビノイドの欠乏状態となり、ECSが適正に機能しなくなります。これによって自律神経失調症をはじめとするさまざまな不定愁訴や疾患が引き起こされることがわかってきました。
CBDは、このエンドカンナビノイドと類似した作用と構造を持つ物質であり、外因性カンナビノイドと言い換えることのできる成分です。CBDを体内に摂り込むことで内因性カンナビノイドとの相互作用が起こり、ECSを正常な状態へと導いていきます。

自然由来の成分を効果的に配合すること

What is Hemp?

ヘンプとは

アサ科の植物であるヘンプとは、主に繊維や種子を利用するために、古くから世界各地で栽培されてきた麻のこと。害虫に強く、乾いた土地でも育ち、成長も早いことから、日本でも古来から栽培されていたことが複数の文献に記されており、神聖な植物として神事に使う道具をはじめ、布や縄などさまざまな日用品に活用されてきました。

戦後、GHQの政策によって日本もアメリカと同様の違法植物に指定されましたが、近年になって世界的にその有用性が見直されることに。医学的研究が進められていく中で、CBDはヘルスケアのアイテムとして、種(ヘンプシード)は良質なタンパク質とオメガ3系脂肪酸がバランスよく含まれたミネラル豊富なパワーフードとして。また、茎はエタノール燃料やプラスチックの代替素材として。さまざまな分野で新たな活用方法が見出されています。

ラウンのLINE公式アカウントを
友だち追加で
1,000円分のクーポンを
プレゼント

LINE限定配信のクーポンやキャンペーンなど
お得な情報をお届け